Image
Blogs

2024年大きく注目予想されている8つのWEBデザイントレンド

Posted on  3 January, 2024

技術の急速な発展に伴い、現在のWebサイトのデザイントレンドも年々変化し続けています 。これにより、企業とデザイナーは、Webサイトが時代遅れにならず、より興味深く魅力的 な体験をユーザーに提供できるように常に最新情報をアップデートし、新たなトレンドに追いつかないといけないことが要求されています。

それでは、2024 年ヒット予測されている Webサイトのデザイントレンドはどのトレンドな のでしょうか? その答は、これから Lollypop Design Studioと共に以下の記事で探していき ましょう。デザイントレンドの一部はその有用性が証明されており、長年にわたってこれま での「人気度」をまだ維持できているというので、たとえそれが以前に知られていたトレンドであっても、驚かないでくださいね!

  1. インタラクティブ 3Dデザイン

Source: Lollypop Design Studio

インタラクティブ3D とは、ユーザーが 3 次元モデルまたは環境と対話することを可能にす る技術のことです。現在、インタラクティブな3Dデザインは、ユーザーに魅力的で印象的な インタラクティブ体験を生み出す、奥行き感のある空間を提供できるという働きからインタ ーフェースをデザインするために建築、家財道具、ゲームなど様々な分野に広く応用されて います。

2024 年でも、Web デザインにおける 3D の応用は減速の兆しが表れずに、勢いよく発展し 続けるとされています。拡張現実 (AR) および仮想現実 (VR) テクノロジーの爆発的な普及に より、3D エクスペリエンスが新たなレベルに引き上げられ、多次元でイキイキしたインタラクティブな体験をユーザーにもたらしています。 これらの要素は無限である創造性への扉 を開き、ユニークで魅力的なオンライン体験をユーザーに持っていくことを期待されていま す。

  1. グラスモーフィズム

Glassmorphism

 独特なUI デザイントレンドの一つであるグラスモーフィズムがガラスのような透明効果と影 を落とす効果を組み合わせる表現手法で、モダンで洗練された新鮮なデザイン空間を作り出 すのに役に立ちます。このトレンドは、現在の多くのWebサイトとアプリケーションのインターフェイスでよく見られるのみならず、Apple の「Vision Pro」メガネなどの仮想現実インターフェイスにも組み込まれています。これにより、ユーザーは周囲の視界を保ちながらで デバイスインターフェイスを操作できるようになります。

グラスモーフィズムを使用する際にデザイナーは、ユーザーが重要な部分を識別しにくくな らないように多くのレイヤーが重なり合うということから避けて注意を払いながら情報を階層化する必要があります。同時に、フォントの色とサイズも、背景に溶け込んだときに鮮明さがぼやけないようにするために重要な役割を果たしています。役立つ提案の一つとしては、ぼかし効果を引き立て絶妙で魅力的ば視覚体験を作り出すために明るい色合いやグラデーションを使用することをおすすめです。

  1. マイクロインタラクション

Source: Facebook

マイクロインタラクションとは、Webサイト上の細かい要素をデザインするトレンドのこと であり、ユーザーの注目を集めたり、興味深く魅力的なインタラクティブな体験を作成する ことに役に立ちます。現在人気のあるマイクロインタラクションの中から例を挙げると Facebookのリアクション オプション、カーソルを当てると色が変化するボタン、ユーザ ーがフォームにテキストを入力すると色が変わる境界線などです。

このスタイルを適用する際、UI/UXデザイナーはマイクロインタラクションが主導のデザイ ンスタイルに合わせて設計されることを確保する必要となります。なぜなら、ユーザーをイ ライラさせたり、気を散らせたりしないようにするためです。

  1. パララックス・スクロールエフェクト

Source: NTQ Solution

パララックス・スクロールは、ページ上の要素が異なる深さとスクロール速度に応じた、別 々のレイヤーに分割される ウェブ デザイントレンドの一つです。 具体的に言うと、レイヤー の中で前面のレイヤーの方が背面のレイヤーよりも速く移動することが基本的であり、ユー ザーがページをスクロールすると奥行きと 3D の動きのような幻覚が生み出されてきます。

但し、パララックス・スクロールは効果がありますが諸刃の剣でもあると言えるでしょう。 原因はそれが適切に適用されればWebサイトに強い印象を与えることができますが、逆にこ のエフェクトからWebサイトは非常に混乱となり、ユーザーに不快感を与えることもある からです。さらに、パララックス・スクロールを導入することで、Webサイトの速度が低下 し、ページの読み込み速度にも影響を及ぼす可能性があるのです。 そのため、もしそれを適 切に最適化されていなかったら、訪問者に悪い体験をもたらすばかりか、彼らがWebサイト から離れてしまう原因にもなります。

5.ミニマリストデザイン

Source: Replaced

ミニマリズムは単なるスタイルだけでなく、「少ない方が豊かである」という原則に従うデザイン哲学と見なされています。ミニマリストデザインは通常、中心のコンテンツに焦点を当て、シンプルで使いやすいインターフェースを作成します。ミニマリストデザインは情報を迅速に把握させ、快適で簡単な相互作用体験を提供します。

ミニマリストスタイルのWebサイトは通常、複数の色や入り組んだパターンの使用を制限します。また、空白スペースも知恵を絞って利用され、デザインに開かれた感覚を生み出し、重要な要素を強調します。

  1. 弁当箱グリッド

Source: Nev

弁当箱グリッドは、日本の伝統的な弁当箱からインスパイアを受けた、グリッドレイアウトに基づくウェブインターフェースデザインのトレンドです。数十年前から存在していましたが、AppleiPhone14 ProおよびApple Cardのインターフェースにこのレイアウトを導入した後、弁当箱グリッは一気に普及した。

弁当箱グリッドは、ニュースページ、ランディングページ、eコマース、またはダッシュボードのデザインによく適用され、全体のデザインにモダンな雰囲気を醸し出しています。その上、このスタイルは非常に柔軟で、画像やテキストなど、複数の種類のコンテンツを同時に整理して表示することができ、Webサイトを整然と見せ、より引き締まった印象を与え、一層魅力的に見せることができます。

7.大きな文字

Source: Iryce

大きな文字は、大きくて目を引くフォントを使用して、ページ上での劇的で階層的な雰囲気を演出し、タイトルやアクションを促すボタンなどの重要な要素に注目を引き寄せるデザインスタイルです。

大きな文字のデザインを活用することで、読者は最初の瞬間から重要な情報を簡単に把握できます。その他に、大きな文字を一貫して取り入れることで、ブランドの特異性を構築し、Webサイトを競合他社と差別化させることができます。

8.スクロリーテリングデザインアート

Source: Decriminalize Poverty

スクロリーテリングは、ユーザーがページをスクロールダウンするにつれて物語が徐々に明らかにされるWebサイトデザインスタイルです。スクロリーテリングは、テキスト、アニメーション、音響、および挿絵ビデオの巧みな組み合わせであり、非常に魅力的な対話型体験を生み出し、ユーザーには物語を最後まで探索するよう促します。

現在の激しい競争の中で、ユーザーはインターネット上のさまざまな情報に簡単に散漫になりがちです。ただし、Bill Gatesが言ったように、「Content is King!」(コンテンツこそが王者!)、効果的なスクロリーテリングは、滑らかな体験、興味深い冒険、ブランドのストーリーに没頭する魅力的な体験を生み出します。

結論

以上が2024年に大きな注目が予測されている8つのWEBデザイントレンドです。しかし、お勧めとして、企業はブランドの特性や目標顧客の好みに基づいて、慎重にスタイルを選択することを検討すべきです。AR/VRを組み込んだデザインは、テクノロジーに関するWebサイトにおいて、若いユーザー層に対して独自の体験を提供します。一方で、ミニマリストスタイルは年配の顧客層向けにより適しており、快適で心地よい体験を提供することを目指しています。

そして、日本の企業向けのウェブサイトの「リニューアルする」旅において、Lollypopベトナムのチームはいつもお手伝いに駆けつけます!Lollypop Design StudioベトナムのトップUI UXデザイン会社、多年にわたりUSADubaiSingaporeの信頼できるデザインパートナー。私たちのチームは経験豊富なデザインエキスパートに焦点を当て、リサーチからデザイン、デジタルプラットフォーム上での製品開発まで包括的なデザインソリューションを提供しています。

 Lollypopにお気軽にお問い合わせください。私たちは、貴社のビジネスWebサイトエクスペリエンスを最適化するための無料相談を心よりお待ちしております。どうぞお気軽にご連絡ください。

Image