Image
Blogs

複雑なロゴかシンプルなロゴか?ブランドロゴデザインのヒント

Posted on  24 May, 2024
logo

Embryoの統計によると、調査対象の73%が、すでに知っているブランドから商品を購入することを優先しています。その中で、75%が企業をロゴデザインを通じて認識しています。その情報から、ロゴデザインがブランドのビジネス効果にどれほど大きな影響を与えるかを示しています。

Pepsi(2008年)やBBC(2021年)のような大手ブランドがそれぞれ1、000、000ドル(や1、800、000ドル(¥155、668、500―¥280、203、300)をロゴの変更に費やすことは驚くことではありません。

もちろん、成功するロゴデザインはその価格に依存するものではなく、さまざまな要素の総合的な組み合わせによるものです。過去には、Nikeが「スウッシュ(Swoosh)」伝説的なロゴのデザインに約35ドル(¥5、448)しか費やさなかった例もあります。

本ブログでは、ロゴデザインの対立する2つの流派について議論し、目立つブランドロゴのデザインに関するいくつかのヒントを提供します。

準備はできていますか?さあ、始めましょう!

このブログを読むべき人は誰?

UI/UXデザイナー、グラフィックデザイナー:効果的なロゴデザインのヒントに興味があり、アイデアを提案するときにお客様さんからの納得を得たいと思っている人たち。

上級管理職、プロダクトオーナー、マーケター:ブランドアイデンティティ(Brand Identity)のデザインや改善を計画していて、最高の結果を得るためにロゴデザインチームに求められる適切な要件を知りたいと思っている人たち。

ブランドロゴデザインにおける2つの対立する流派

本質的に、ロゴの責任はブランドについての完全な物語を語ることや、製品を直接販売することではありません。ロゴがよくデザインされていると見なされるのは、その企業や創業者の信念や中核的価値観を反映し、伝える役割を果たしている時です。

各企業、製品、創業者がそれぞれ独自の物語と信念を持つ一方で、ロゴデザインは大きく分けて「複雑」と「シンプル」という2つの主要な流派に分類できます。

複雑な流派(Complex logo)

Complex logo

複雑な流派において、ロゴは通常、多くの詳細や複雑な要素で構築されます。複雑な流派に基づいてロゴを設計する際の主な作業は、画像、色、テキストなどのデザイン要素を組み合わせるだけでなく、配置の芸術でもあり、それぞれの要素を調和させ、ブランドが背景、歴史、および多面的な価値観を包括的に伝えるのを支援することです。一般的に、複雑なロゴは、設立年などの時間に関連する要素や、歴史的なコンテキスト、またはビジネス領域などの要素と関連付けられる傾向があり、ブランドに独自性と深みをもたらします。

複雑なデザインの典型例には、次のものがあります。

  •  ウィキペディア(Wikipedia): ロゴは個々のパズルピースから構成された地球の形をしており、多様な知識の普及の使命を反映し、広範なユーザーコミュニティの貢献のメッセージを伝えています。
  • ネスレ(Nestlé): ロゴは親鳥が2羽の子供を世話するイメージを持ち、家族の絆を象徴しています。多くの年月が経過しても、現代の美的感覚に合わせて微調整されたにもかかわらず、ロゴデザインは伝統的な遺産の要素を維持しています。
  • ユニリーバ(Unilever): 「U」という文字のロゴは、25の異なるアイコンから構成され、それぞれが独自の意味を持ちます。例: 「花」アイコンは香りを象徴し、OMO洗剤、コンフォート柔軟剤などを連想させます。また、「髪の毛」アイコンは、TRESemméやLifebuoyなどのシャンプーを代表します。

シンプルな流派(Simple logo)

ロゴデザインにおいて、シンプルなスタイルは、整った、覚えやすいアイコンを作り出すことに焦点を当てています。要素が少ないにもかかわらず、シンプルなロゴは強力にコミュニケーションし、認識しやすい特性を持っています。これにより、ブランドは群衆の中で目立つことができます。また、シンプルなロゴの柔軟性により、さまざまなサイズ、色、素材の要件に合わせて、多くのプラットフォームで使用することができます。

実際に、シンプルな流派は、ロゴデザインの一般的なトレンドとなっています。多くのブランドは、ブランドアイデンティティやロゴをシンプルにするために時間を費やしています。代表的な例としては、アップルがあります。最初はやや複雑なデザインのロゴでしたが、スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)はロブ・ジャノフ( Rob Janoff )に依頼し、「欠けたリンゴ」のイメージで象徴的なアイコンを作り出しました。

Simple logo Apple logo

アイヴァン・シャーメイエフ(Ivan Chermayeff、20世紀で最も優れたグラフィックデザイナーの一人は、「ロゴデザインプロセスは通常2ヶ月かかりますが、5分で完了したかのように見える必要があります。」と述べました。偶然にも、Janoffも同じ考えを持っています。彼は、ロゴデザインの最も重要な要素はシンプルさであり、ロゴに必要な要素の長いリストは失敗につながるレシピだと考えています。

ロゴデザインを複雑にするべきか、シンプルにするべきか?

シンプルなロゴデザインが人気を集めていますが、複雑なデザインを選択すると必ずしも失敗につながるわけではありません。時には、ロゴデザインの複雑さがブランドに特別な利点をもたらすことがあります。最終的な決定は、ビジネスの発展方向、市場環境、およびターゲットオーディエンスなど、さまざまな要因に依存します。

同じ製品でも、ロゴは創業者のアプローチやビジョンによって異なることがあります。これは通常、ロゴデザインのブリーフに記録されます。たとえば、Nikeは自社のロゴを単なる靴の販売会社の象徴にしたくなかったので、スピードとパワーの価値を称賛することを望みました。そのため、シンプルな「スウッシュ(swoosh)」のアイコンでデザインされたロゴが作成され、後にそれは効果的なマーケティングキャンペーンを支援し、スピードとパワーの価値を共有するのに役立ちました。

以下の表では、Lollypopが2つのロゴデザイン流派の異なる利点と欠点をリストアップします。

複雑なロゴデザイン

シンプルなロゴデザイン

  • 簡単に注目を集めることができる。
  • ブランドの意味/背景を効果的に伝える。 
  • 認識しやすく、覚えやすい。
  • サイズの変更が簡単で、様々な用途に適している。
  • 見る人にとってわかりにくいことがある。
  • サイズを小さくすると、細部がぼやける。
  • 少し単調に見えるかもしれません。
  • 他のデザインとの差別化が難しいかもしれません。

 

5つの目立つブランドロゴデザインのヒント

今日、品質の高いロゴデザインを決定する基準は美的価値だけではありません。それは多くの要素の総合であり、ブランドの特性や、各デザイン要素がもたらす心理的影響についての詳細な研究を必要とします。

このセクションでは、Lollypopが上記の要素に関連するいくつかのヒントを提案し、ロゴデザインプロセスでの効果を最適化するのに役立ちます。

注意: 以下のヒントは互いに密接に関連しています! 最大の効果を得るためには、同時に覚えて適用することをお勧めします。さあ、探検しましょう!

1. ブランドとユーザーの研究

会社のロゴデザインのアイデアを考える前に、ブランドの特性や、会社が対象とするターゲットオーディエンスについて深く理解する必要があります。この段階では、次のいくつかの側面に注意する必要があります。

  •    ブランド名の背後にある意味や物語は何ですか?
  • ブランドの特徴的な性格は何ですか?
  • ブランドのターゲット顧客は誰ですか?
  • ブランドは顧客にどのような感情を喚起したいですか?

これらの情報から、デザインのアイデアをスケッチする際に適切なロゴスタイル、タイポグラフィ、およびカラーパレットを特定できます。

2. 各種ロゴの長所と短所の理解

現在の市場では、さまざまな種類のロゴが数多く存在しています。それぞれの種類には長所や短所があり、また異なる使用ケースがあります。これらの情報を把握することは、アイデアを考える際の時間を節約し、企業のニーズに適したデザインを選択するのに役立ちます。 

各種ロゴの長所と短所の理解

3. 色彩心理学と図形心理学に関する知識をしっかり把握

色彩と図形は人間の認識に大きな影響を与えます!これは以前の多くの研究によって証明されています。したがって、色彩心理学と図形に関する知識をしっかりと把握することは、適切な要素を選択し、ユーザーの感情を正しく喚起するのに役立ちます。 

色彩心理学

あなたが顧客のためにロゴをデザインするデザイナーである場合、この知識をしっかりと把握していることは、デザインに関するプレゼンテーションが本当に重要で、お客様さんの信頼を獲得するのに役立ちます。なぜなら、ポール・ランド( Paul Rand)は「プレゼンテーションが鍵である!」と言ったように、プレゼンテーションが成功した企業のロゴデザインを作るための鍵です。

図 形心理学

4. 複数のアイデアのスケッチ

ポール・ランドである限り、スティーブ・ジョブズから「Next」というブランドのロゴデザインについての承認を1つのアイデアと1回の編集で得ることができる場合を除いて、顧客を自分のアイデアに納得させるのは非常に難しいです。 

その代わりに、ブランドに関する知識に基づいて、さまざまなスケッチを考案する必要があります。その後、顧客に提示するために最良の3つのアイデアを選択します。顧客の選択とフィードバックに応じて、スケッチを完成したバージョンに発展させることができます。

5. ロゴデザインの評価

デザインを完成させた後、ロゴの評価は、デザインが要件を満たしているかどうかを知るのに役立ちます。最も一般的なロゴの評価方法の1つは、Paul Randによる7つのステップのロゴ評価です

  • 独自性(Distintive): ロゴは競合他社とは異なり、簡単に識別できますか?
  • 可視性(Visible): ロゴはあらゆるサイズで見やすく識別しやすいですか?
  • 適応性(Adaptable): ロゴはさまざまなプラットフォームやメディアに適応し、柔軟ですか?  
  • 記憶に残る(Memorable): 顧客がブランド名に触れるたびにロゴは簡単に覚えられますか?
  • 普遍性(Universal): ロゴはグローバルなお客様さんに適しており、理解しやすいですか?
  • 永続性(Timeless): ロゴは各時代を通じて適切性を維持していますか?
  • シンプルさ(Simple): ロゴは単純で目をくらませないですか?

上記のステップに基づいて、デザインを評価し、最初の6つのステップに1〜10の評価を、最後のステップに1〜15の評価を使用します。最大ポイントは75ポイントで、要件を満たすには60ポイント以上必要です。

もちろん、この方法は複雑なデザインには適用できません!そのため、顧客のユーザーを対象に調査を行い、以下のような指標を使用することができます。

  • 魅力(Appeal): ロゴは良い印象を与えますか?
  • 信頼性(Believability): ロゴはブランドを信頼できると感じさせますか?
  • 識別の容易さ(Ease of identifying): ロゴは簡単に識別・区別できますか?
  • 購入意欲(Purchase intent): ロゴは製品またはサービスの購入を促進しますか?
  • 関連性(Relevance): ロゴはブランドの製品やサービスに適切で関連していますか?
  • ユニーク性(Uniqueness): ロゴは他のブランドと独自で異なりますか?

ここから、ブランドの目標に適した「指標」を選択し、調査質問のセットを構築することができます。その中で、広く採用されている質問形式の1つは、Likert尺度です。 

例えば、「他のロゴとの違いはどれくらいですか?」と尋ね、次のような選択肢を提供することができます 

  • 全く異ならない
  • 少し異なる
  • やや異なる 
  • かなり異なる
  • 非常に異なる

最後に述べますが

本当に質の高いロゴデザインは、綿密な調査と設計の過程の結果です。上記のヒントを把握することで、時間と労力を最適化し、ブランドの要件に合った選択肢を提供することができます。

そして、あなたのブランドのアイデンティティやロゴのデザインを設計・更新したい場合は、Lollypopを潜在的なパートナーとして検討してください! 

10年以上の経験を持つLollypop Japanは、日本市場でトップクラスのUI/UXデザインのアウトソーシング会社であり、ブランドデザイン、ロゴデザイン、ブランドアイデンティティデザインなどのサービスを提供しています。

無料相談を受けるためにお気軽にお問い合わせください。一緒に、ブランドに最適なロゴデザインを作り上げましょう!

Image